2017年9月10日日曜日

歴史好きのお笑い芸人「六文ジャー」のライブ彦根城天守前で

 歴史好きのお笑い芸人たちのユニット「六文(ろくもん)ジャー」のライブが3日の午前と午後の計2回、彦根城天守前で行われた。
 映画「関ヶ原」の公開に合わせて、石田三成を慕う市民有志の団体・三成の戦実行委員会が企画。六文ジャーははんにゃの金田哲さん、ロバートの山本博さんら歴史好きの芸人6人で結成。
 この日のライブにはそのうちの5人が天守前に設けられた特設ステージに武将の家紋入りの法被を着て登場。山本さんと長谷川ヨシテルさんは映画「関ヶ原」にエキストラとしても出演しており、ライブでは、出演者やスタッフの誰にも気づかれなかったことや、主演の岡田准一さんの隣で少しだけ写っていることなどを話し、会場の笑いを誘っていた。
 また「石田三成の家紋の文字は」「井伊の赤備えの別称は」「関ヶ原の合戦後、東軍が佐和山城に入って驚いた理由は」などのクイズも出題され、芸人たちのボケの回答に来場していた子どもたちから笑い声が起こっていた。最後にはいしだみつにゃんも登場し、子どもたちをステージに乗せて一緒にゲームを楽しむなど、終始和やかな雰囲気だった。
 京都府亀岡市の小学4年生・大野貴陽君(10)は「歴史はわからないことが想像できるのがおもしろい。将来は歴史学者になりたい。映画も見に行きたい」と笑顔を見せていた。

0 件のコメント: