2017年9月1日金曜日

彦根城の天守前で10月15日カロムグランプリ

 彦根城の天守前広場で10月15日、「カロムグランプリ」が開催される。
 中央町でカロム道場を開いている湯谷淳一さん(69)が委員長を務めるNEWカロム協会実行委員会が、築城410年祭の記念行事として企画。カロム8台をテーブルの上に1台ずつ設置し、ダブルスの32組がトーナメント方式で優勝を競う。
 当日は午前9時半~記念撮影、オープニングセレモニーの後、3セットマッチの1回戦、午後1時~1セットマッチの2回戦、準々決勝、準決勝、3位決定戦、決勝(3セット)がある。決勝後の午後2時10分~はカロムの技に挑戦し合格者にはオリジナルストラップが進呈される「認定検定」、大中小のNEWカロム盤を使って各盤で技をクリアするとカロム盤がプレゼントされる「カロム道場賞」がある。飛び入りの参加者向けの認定検定とカロム道場賞も午後0時20分~30分間ある。全体の表彰式は午後3時10分~。参加無料。参加者に木製ストラップ進呈。
 湯谷さんは「カロムと彦根が広く認知できればと思います。優勝を競うことより、イベント開催が目的のため、初めてカロムをする人も歓迎します」と呼びかけている。申し込み締め切りは9月30日で、応募多数時は抽選。参加者と家族は当日の彦根城入場料が無料。
 また実施費用は湯谷さんの負担になるため、企業や個人からの支援金を一口1000円で募集している。運営を支援するボランティアも随時。申し込みは事務局☎(24)0080。

0 件のコメント: