2017年8月10日木曜日

彦根東高校野球部の控えメンバー3年生の嘉藤修太選手=彦根東中、清水亮佑選手=中央中、山崎凜太朗選手=彦根東中

 彦根東高校野球部の控えメンバーのうち、彦犬地区出身の選手には、いずれも3年生の嘉藤修太選手=彦根東中、山崎凜太朗選手=彦根東中、清水亮佑選手=中央中=がいる。
 嘉藤選手は捕手として登録。県大会での出場はなかったが、「ブルペンの捕手として、増居はじめ投手がマウンドで良い投球ができるよう、(キャッチャーミットで)良い音を出してあげたい」と投手を陰で支える姿勢を見せた。また「進学校でも甲子園で活躍できる姿勢をチームとして見せたい」と意欲を語った。
 山崎選手は小学4年から中学3年の10月まで中国・大連で過ごし、現地でも「ウインディー」という野球チームに所属。内外野どこでも守れるユーティリティープレーヤーで、自他共に認める「守備の人」。「甲子園では守備で貢献したい」と話す。両打席で打てるスイッチヒッターでもある。
 清水選手は村中監督からの伝令が主な役目。練習でも内容をチームに伝える役割で、広報的なポジションも務める。村中監督は「清水は気配りができ、決して嘘をつかない。チームからの信頼が厚く、リーダーになれる素質がある」と絶大の信頼を寄せる。清水選手は「甲子園でもベンチワークに努めたい。チームみんなの状況を見て勝利に貢献したい」と、チームを最大限支えることに意欲を見せた。

0 件のコメント: